不倫をやる人間はどんな人か

不倫は文化だ、なんていう言葉を使っていた芸能人がいてどの世界でも昔からそう言った娯楽や遊び方という物があった。
不倫のような横恋慕や、逆に自分に伴侶がいる状態で別の異性と肉体関係や恋愛関係を持つ事に対して、刺激的な快感を得たりするような趣向というのは多かれ少なかれ男性でも女性でも持っている物だ。
だからこそ、不倫という関係や遊びはいつまで経っても減らないどころか、寧ろ昨今の世情を考えれば増えていると言っても差し支えない程である物だ。

不倫が減らない理由


不倫が減らない一番の理由は、やはり何と言っても不倫を楽しむだけの人間が大勢いるからなのだが、結局のところ楽しいだけではなく楽しむ事ができる環境があるから、減りはしないのだ、という事である。
勿論、そう言った娯楽を楽しんでいてもバレてしまえばそれなりのツケを払わされる物ではあるが、それを実際に経験して罰を受けなければ、懲りたりする人はいないのである。
そして、罰を受けたことがない人間にとってはどうしても目先の快楽や刺激的な楽しさという物の方が魅力的だし、何より自分の遊びがバレてしまう事はないと思っている物なのだ。
結論から言えば、そう言った遊びをしたり娯楽をしたりするような人間というのは見通しが甘い、という事でもあるのだ。
普通、ある程度考えれば目先の刺激的な快楽を得る事ができる事よりも、バレてしまった事の後で受けるデメリットの方が圧倒的に多きな物だという風に考える物だ。
そう言った、思慮を持った人間であれば仮に不倫をしたとしてもバレないための工作を色々と講じる事はできるのであろうが、そう言った気遣いをする前に、まず明らかにメリットとデメリットが釣り合っていない事に気づいて、そのような娯楽には手を出さない物だ。
あまりにも、身も蓋もない言い方をするのであれば世の中には先を見通す力のない馬鹿が多いという事なのである。
だから。そう言った娯楽を楽しもうとする人間というのはいずれボロを出してバレてしまい、経済的な、或いは社会的な制裁を受ける事でようやく自分の浅はかさに気づくという物なのだ。
しかし、そう言ったリスクを背負ってでも刺激的な経験を味わい快楽に身を浸したいというような人間も世の中には大勢いるのだ。
そういう生き方を、馬鹿な生き方だと称すのは簡単なのだが、結局のところ人間は理性をもった生き物だと言っても最終的には自分の本能には逆らえない物。
理性というのも、ある程度いろんな欲求が満たされてこそ働く物だ。
確かに、バレてしまえば大きな痛手を受ける事には変わりないのだがその可能性を押してでも、不逞の愛を味わい、刺激を楽しみたいというような欲求自体は持っていてなおのことそれに身をやつすかどうかは、結局個人の趣向次第と言ったところなのである。
寧ろ、そう言った娯楽はリスキーだからこそやっている間はドキドキするし、そのドキドキが普通の恋愛では味わう事ができないような強い刺激だからこそ、惹かれ続ける人もいるというわけだ。
こう言った刺激的な娯楽は、割と男性の方がやっているようなイメージがあったように思えるかもしれないが、寧ろ現在ではこういった娯楽を楽しんでいるのは女性の方が多いと言ってもいいくらい女性の不倫者が増えてきているのだ。
だから、逆に言えば今は男が相手を探すのにもそう大変ではない時代になっているという事でもあるわけだ。
リスキーな遊びをするかどうかは、結局のところ自分で判断すべき事なのだが、それでも今は昔に比べるとずっとそういう関係を作る事がとても簡単になっているので、遊び相手を作る事、というのはとても容易となっているという事なのである。

新着情報

◆2015/07/29
不倫をやる人間はどんな人かの情報を更新しました。
◆2015/07/29
裕福な人間ほど不倫をしやすいの情報を更新しました。
◆2015/07/29
遊び好きな男や飽きっぽい男は不倫をしやすいの情報を更新しました。
◆2015/07/29
近しい人間と恋愛関係から発生する不倫の情報を更新しました。
◆2015/07/29
寂しさに負けたりだとか現状に不満を抱いているの情報を更新しました。